株式会社ベネフレックス

  • HOME>
  • 採用情報>
  • ベネフレックスの社員を知る >
  • 先輩社員 >
  • 自動販売機事業

先輩社員

先輩社員

富山営業所

スーパーバイザー

岡元 健治

「企業活動を通じ、全てのスティークホルダーから喜ばれる後輩を育成していく事」が私のモットーです。

私は、32歳から現在まで指導・監督職をしておりますが新任当時は、中々「後輩に叱る事」が出来ませんでした。しかし、お客様のニーズも複雑・多様化する中、私の指導が甘い分だけお客様への満足度も低くなる事を解り〈心を鬼にして〉後輩の指導にあたっています。

岡元 健治

ある日の1日のスケジュール

7:40 出社
毎朝必ず行っているのは、1週間のスケジュール作成と確認です。
今週の大まかな予定を頭に入れておく事で、急な案件があっても「緊急・重要度」を判断し迅速且つ的確に対応出来るからです。
8:00 朝のミーティング
毎週全体ミーティングをしています。 必ず、社訓を全所員で復唱し心をリセットします。 ミーティングでは、直近の連絡事項や新製品・プロモーションの進捗確認をしています。
8:40 ルート同乗によるOJT
私の担当するエリアは、小矢部市・高岡市です。
6名のセールスマンが各方面を担当しております。この日は、缶自動販売機の担当者へ同乗し、21台の自動販売機をオペレーションしました。
16:30 帰社
メールチェックやTELでの依頼などの資料作成。
セールスマンの日報や提出書類の確認。
得意先の自動販売機交換段取りや稟議書の作成。
19:00 セールスマンとのコミュニケーション
1日頑張って来たセールスへのコミュニケーションは、非常に重要な時間です。得意先で起きた事や競合他社の情報など会話の中からヒントとなる事が多くあります。
明日の予定の確認と準備。
20:30
退社

1日のスケジュール 1日のスケジュール 1日のスケジュール

最も印象に残っている仕事

仕事の様子 私は、入社してから多くの事業所へ転勤しました。その中でも、ある事業所で経験した私が今でも心に残っている事をお話しさせて頂きます。
転勤になり、赴任した先は駐在だったので、指導・監督者は私一人の所でした。
赴任してから色々なトラブルがあり、私の趣味である「海外旅行」へ行きたい気分も忘れ一生懸命日々の活動をしておりました。そのうち夏も終わり秋になった頃、チームのメンバー全員から、「岡元さん。旅行が好きなんでしょ。岡元さんが留守の間は皆で対応するから休んで、岡元さんの好きな旅行へ行って来てください。」と言われた時は、涙が出そうな位嬉しかったです。 結果は、ちゃっかり海外へ行かせてもらいました。
今度は、「自費で無く、皆の頑張りでセールスキャンペーンのご褒美旅行で海外へ連れてって。」とお願いしましたが、結果、叶いませんでしたが、あの時感じたのは、一人の力には限界があるが「協力」をする事でチーム全員の力が加わると人数分以上の力が発揮する事が出来るんだなあと感じました。

苦労した事、後輩へのアドバイス

後輩へのアドバイス 私が若い頃、1日のルーティンワークを終える事で仕事の満足感や達成感を感じていましたが、入社して二十数年の間、時代が求める事もすっかり変化してしまい、企業人そして会社の財産でもある後輩の指導をするにあたり、まず自らが律して「自己を磨くことの重要性」を感じる様になって来ました。この仕事を通じ、「甘えていた自分」に気づき「自分を律する」事でメンタルを強くし部下の手本となれる社会人として成長し続けたいと思っております。
また、後輩へ伝えたい事は若い頃から好きだった趣味を持ち続けて仕事にも活かして欲しいと思っています。私は、とにかく「旅」が好きで、今でも休みがあれば「JRで行く鈍行電車の旅」や「LCCに乗ってちょっと海外旅行」へ行っています。若い頃は、ストレス発散が主な理由でしたが、今は時代の変化を感じるための「旅」に出かけており、「他エリアの自動販売機がどうなっているの?」とか、「旅先にある自動販売機はどんな商品が良く売れているか?」や、車窓から見える風景でも仕事に活かせる感性やアイディアが浮かんで来る事があります。
「譲れない趣味」を持つ事で、プライベートの時間を創出する為に時間管理意識が芽生え、「メリ・ハリのあるライフ・ワーク」を送る事が出来、豊かな生活が送れる事が出来ると思います。
私が出会った、この会社の仲間達は「多彩な趣味」を持ち「家族思い」の人が多くいますが、それ以上に「仲間」を大切にする従業員ばかりです。
私たち従業員の「仕事に対する情熱」が無いとお客様の「満足」に結びつきません。
今後も、お客様、お得意様、地域社会の方々から信頼される会社を一緒につくって行きましょう。

株式会社ベネフレックス 〒933-0396
富山県高岡市内島3550番地
TEL.0766-31-8808
FAX.0766-31-8418

株式会社富山アメニティシステム フードサービス部 〒933-0328
富山県高岡市内島3550番地
TEL.0766-31-8958
FAX.0766-31-6330